マイホーム購入での予算と30年後の自分

新築マイホームのために一生懸命働き貯金をして家族を築いてきたというサラリーマンは少なくありません。それは立派なことであり、マイホームを購入したということであればこれから先30年あるいはそれ以上のローンの支払いをしていかなけばならないことになります。そのローンの金額がいくらくらいになるのかで、生活にある程度の余裕が出てくるのか、それともぎりぎりなのかが決まってきます。住宅購入には土地付きで4000万円とか5000万円が必要になるかもしれず、どれだけ貯金をしても一括購入というわけにはいかないでしょう。注文住宅で購入することを考えているのであれば、家を小さくするとか土地を小さめにする、あるいは設備そのものをシンプルにするということも必要かもしれませんし、その方がマイホームを購入した後のローンの支払いで苦労しなくて済むという安心感を得ることができるかもしれません。30年後の自分がどのような立場なのか、そんなことを考えることも必要かもしれません。