木造建築のよさについて

私の実家は未だに大きな柱が家を支える木造建築です。阪神淡路大震災を乗り越えてもまだ丈夫に構造を保ったまま成立しています。建築以来すでに50年近くが経っていますが多少のリフォームを繰り返しながらも大きな構造は変化していません。もちろんお風呂などは以前は木でしたが、今では材質も変わっています。子供の頃に感じたのはお風呂に入った時に木のぬくもりを感じることができるお風呂もいいなと言うところでしょうか。冬場であっても浴槽に使ったときの冷ややかさがなく非常に暖かかったことを覚えています。

また扉等も今とは違い木星でしたから非常に味があったのも記憶に残っています。多少隙間風が吹こうとも、あのような趣深い構造は今ではなかなかないのではないかと思います。また、柱に身長を記して成長を確認するといったことも今の子供たちにはありませんが私には非常に良い思い出です。

設計は変わると思いますがこれからも木造建築は非常に重要だと思います。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室