新築してから次の年に早速リフォームはある

新築で木造の一戸建てマイホームを建てた場合、「新築したばかりなのにリフォームすること」を覚悟しておいた方がいいですよ。具体的にどこの部分をリフォームする覚悟なのかと言いますと、それは「壁紙」です。つまり「クロス」です。

木造住宅の場合ですと、新築で建てた場合、資材がまだ新しい切りたての木なわけですから、形が変化するのです。とは言っても、何センチ単位で大幅に変化するわけではありませんよ。生活の中で出る湿気を吸って数ミリですが変化するのです。

けれども、数ミリの変化とはいえいくつもの木材から家は作られていますからね。総合すれば場所によっては結構な変化となっているところもあるでしょう。ですから壁紙にしてもよれたり破れたりしてしまう箇所が出てくるのです。

ですから新築マイホームなのに、新築して翌年あたりで一度壁紙の張り替えリフォームを行う家もあるのです。なので、その辺の事情を知った上で「仕方ないな」と割り切って対応してくのがいいでしょう。